えぬのびー

ニートの (くだらないことを書く) ブログ

くだらない記事を書いていく宣言

クソみたいな記事をいっぱい書きたい。

誰にも役に立たないことをずっと書いていたい。

ずっとくだらないこと書いてお金がもらえたらどんなに素敵なことだろう。

世の中の稼いでいらっしゃるブログは揃いも揃って人の役に立てることばかり書いている。

あんなこと書けないよ。超羨ましいよ。人間が出来てるよ。

何で人の役に立つことでしかお金を貰えないんだい?

ってそりゃそうか。「この商品がすごいんです!めっちゃ便利です!ところでリンクを張りますね!テヘ!(ちゃっかり)」でお金をもらえるシステムだもんね。

反対に微塵も人の役に立たないことを書いて稼いでいらっしゃる人はほとんど見ることはない。

あぁ~くだらないことを書いて月に1万円でもいいから欲しい。

でも一切人のためにならないことを書くのって想像以上に難しい。

僕が知ってるブログではぐわぐわ団さんくらい。(貶してないですよ。)

でもそんなぐわぐわ団さんを見て僕はくだらない記事を書いてみたいと思ったんだ。くだらないとは言え間接的に人の役に立ってる。これって超かっこいいよね。くだらない記事だと思ってたら人に勇気与えてるんだもん。普段はおちゃらけてるけどしっかり助ける系ヒーローですよ。

別に書きたい記事を思いつかないわけではないけど、やっぱりくだらない事考えてる時が一番楽しいよ。昔の思い出話もニートっぽい事も書きたいけど、やっぱりまとめるのにどうしても時間がかかってしまう。頭が良くないからね。だけどくだらないことってさ、とにかくくだらなくて良いわけだからさ、どんどん書きたいこと書いていけばまとめる必要がないんだよね。ちょっと意味がわからなくてもそれがくだらなさに繋がるわけだから。さらっと書いてさらっと更新できたらなんかブロガーっぽいよね。それがくだらないことでも。なんかカッコイイ。

あぁ~外に出たい。外に出て人の荒波に揉まれたい。よく揉まれたら発酵するんだ。発酵したら生地になるんだ。生地になった後は捏ねてもらって記事になるんだ。記事を発行するんだ。記事を発行したら人にたくさん読まれて楽しんでもらうんだ。カッスカスになるまで楽しんでもらうんだ。楽しんでもらった後はまた外に出るんだ。

みたいなことをずっと書きたい。

いや、まあ書けば良いんだけどさ。自分のブログだし。だからちょいちょい「なんだコイツ急に頭おかしくなったか?」的な記事を書いていきたいと思います。

それでは。

 

いつも記事書くのに2日3日掛かるのにこのくだらない記事は30分位で書けた。なんかショック。最初から書いておけば良かった。