えぬのびー

ニートの (くだらないことを書く) ブログ

ニャン権

最近、勝手に人の写真を撮ってツイッターやらSNSに上げちゃう人たくさんいるけど、「勝手に撮って上げられる」の最たる例って猫だと思うんですよね。だって人が被写体の写真ってさ、撮る人にモラルがあれば絶対に許可を頂くと思うんですよ。もしくは顔になんかよく分からないスタンプ貼って誰か分からないようにしたりね。でも猫に対してはそんなことしないじゃん。猫にだって人権ならぬ「ニャン権」があるかもしれないのにですよ?そんなの無視して「可愛いから撮っちゃおー」とかさ、「ウチの猫可愛いでしょー?」的な感じでバシャバシャ撮っちゃうじゃないですか。それって猫からしたら相当なストレスですよ。だってさ、もしかしたら猫だって人間みたいにちゃんと考えて行動してるかも知れないじゃないですか。「あれ?今日ってキャットフードの特売日だっけ?」的なこと思ってるかも知れないんですよ。だとしたらさ、「何で俺の散歩中の写真上げられてんだよ!」って思ってるかもしれないってことですよ。「何で私の毛繕い中の写真がアップされてるわけ!?」って思ってるかもしれないんです。交尾中なんかさ、もうもっての外じゃん。普通に可哀想でしょ。だからさ、やっぱり勝手に撮るのは良くないんですよ。ちゃんと撮影許可を頂かないと。じゃないとヨネスケと一緒ですよ。被写体の猫が散歩中だったらさ、「散歩中すみませんが」って一言断りを入れないと。毛繕い中だったら「毛繕い中すみませんが」ってな具合にね。交尾中だったら「発情中すみませんが」とか言わないと。もしくは顔が分からないように猫の顔になんだかよく分からないスタンプを貼ったりなんかしないと。ここで「スタンプを貼っちゃったら顔見えないから可愛さが伝わらないじゃん!」って思う方、いらっしゃるかもしれませんが、別にいいんですよ。だってさ、赤ちゃんの顔にスタンプ貼り付けて「可愛いでしょ~」的なこと書いて写真上げてるのよく見かけるじゃん。あれと一緒ですよ。矛盾してて良いんですよ。あんなの自己満足だからね。なんなら全部モザイク掛けて「可愛いでしょ~」でも良いんですよ。意味あるかどうかは写真を上げる人に委ねられてるんだから。それと、似たような話で勝手に猫の気持ちを代弁するのも良くないよね。テレビでよく見かけるよね、勝手に吹き替えてる番組。あれも猫の気持ちをないがしろにしてるよね。猫がジャンプ失敗した動画に「失敗しちゃったニャ~ン」的なこと吹き替えててもさ、本当は「は~っ。だっる。」とか思ってる可能性もあるんですよ。猫が抱き合ってる動画に「私達仲良しだニャ~ン」って吹き替えててもさ、実際のところ「さっき毛づくろいで舐めた時の唾液乾いてクッセ!」とか思ってるかもしれないじゃん。気持ちを間違った形で代弁されるのってさ、最近のネットニュースと一緒ですよ。怖いことですよ。だからさ、猫を撮るときと猫の気持ちをアフレコする時はちゃんと猫側の気持ちを考えましょうね。

 

おわりです。