えぬのびー

ニートの (くだらないことを書く) ブログ

余った初心者マークの使い道

突然ですけど、余った初心者マークって使い道ありませんよね。
 
アレ、結局1年間しか使わないじゃないですか。これから免許を取得する兄弟にあげる、なんて人もいるかと思いますが、教習所を卒業する時に新品貰えたりして結局ダブってしまうんですよね。で、捨てるのもなぁ…って思ってしまってなんとなく手元に残してしまったり。
 
そう考えると、初心者マークって全国にめちゃくちゃ余ってると思うんです。もったいないですよね。
 
これは早急に解決策を講じないと、行き場をなくした初心者マーク達が徐々に不法投棄され、ゆくゆくは道路にまでそれが及び、磁石で貼り付けるタイプの初心者マークが磁力によりキレイに整列、まるでマリオカートの加速するところみたいになってしまう可能性が…。
 
で、僕思ったんですよ。そんなに余るならイヤなやつの車にいっぱい貼り付けちゃえばいいんじゃね?って。早急に説明するので引くのやめてくださいね。
 
どういう事かと言うと、マジでイヤなやつって大体複数人に嫌われてるじゃないですか。だからまず、その「マジでイヤなやつ共通グループ」を結成して、みんなで手持ちの初心者マークをかき集めるんですよ。
 
そしたらイヤなやつの車のリアバンパーにこれでもかと貼り付けるんです。なぜリアなのかと言うと、単純にバレにくいから。そして狙い目なのが立駐や地下駐車場で壁を背にして駐車している時。後ろが壁の状態だと後方確認の意味がありませんから、尚更リアバンパーは見ないでしょう。暇さえあれば「アホ」と形作ってもいいでしょう。
 
もし壁のない開けた駐車場でやる場合は、発射寸前に貼り付けちゃいましょう。ただその場合はスピード勝負です。即座に実行しないとバックミラーに大量の初心者マークを抱えた不審者が映る可能性があります。
 
貼り付けましたか?ならばあとは待つだけです。相手は今、心に深い傷を負っているはずです。
 
なぜなら、初心者マークとはネガティブな言い方をしてしまえば「俺に近寄るなマーク」です。そんな厨二病のような意思表示がこれでもかとリアバンパーに貼られていれば、自ずと後続車は「ヤバイ」空気を察知、まるでフリーウェイと見紛うような車間距離を空けるはず。そして車間距離とは、言わば心の距離。距離が離れるほど信じられなくなる、そんな遠距離恋愛のような思いが言葉を出さずとも伝わってしまうのです。そしてバックミラーを見たが最後。気づくのです。
 
「え?車間距離。めちゃ空けられてない?」
 
「え?俺。信用。そんなにない?」
 
ってね。
 
しかもそれが帰るまでずっと続くのです。その時点でこの人の自己評価はだだ下がり。疑心暗鬼になり、「もしかして俺が乗っているピンクのワゴンRってダサい?」と被害妄想まで膨らませてしまう始末。
 
そんな心が弱っている状態。さらに自宅駐車場で追い打ちです。
 
「え、キモ。後ろ、なんかいっぱいついてる。」
 
その時思います。あ、俺って嫌われてたんだな。ってね。
 
しかし、これがきっかけでこの方は改心します。俺の行動は人知れずみんなを傷つけていたのかもしれない。もっと周りに気を配ろう!よし!早速明日は早起きしてオフィスを掃除しちゃうぞ!ってね。
 
…まあ、そんなうまくいったら良いよねって話で実際真似しないでね。
 
 
おわり