えぬのびー

ニートの (くだらないことを書く) ブログ

てめーの血は何色だ!

f:id:imi74:20181105220135j:plain

「てめーの血は何色だ!」と聞かれたら、実際問題どうすればよいのでしょうか?

鼻血でも出して「ご覧のとおりです」と言えたらいいのですが、生憎ピーナッツもチョコも都合よく持っているとは限りませんし、手近にパンチラがあるとも思えません。

手にライトを当てピンク色に透けていることを見せれば、「ピンク色に透けているということはこいつの血は赤色だな」と納得してくれるかもしれませんが、そもそも人の血液の色は赤と決まっていて、そうそう複数色展開をしているカラバリのある人間は見かけませんし、ということは人の血液の色を出し抜けに聞くというのはヘンテコリンなことでありますから、そんな相手がそうスパッと物事を理解し、割り切ってくれるかどうかも怪しいところではあります。


根本的な話として、なぜこんな質問をするのか?という話ですが、よく見かける*1のは質問者がボッコボコにされたり、質問者の仲間をボッコボコにした時に投げかけられるものです。

ではなぜこの質問内容に行き着くのか?ということですが、おそらくは

 

「こんな酷いことをするなんて人間じゃない!」

 

「ということは血の色が人間のそれじゃないってことだ!」

 

「これはもう相手に血の色を聞くしかない!」

 

からの

 

 

だと思うのです。

 

つまり、皮肉です。お前は人の子ではないクズ野郎だと、そう言いたいのでしょう。


だからといって、見せられた血の色が緑色だったら質問者はどうするのでしょうか?

おそらく「本当に人間ぢゃないじゃん!💦」と大慌て。一目散に逃げると思うのです。

本人としては皮肉のつもりで言ったのだとしても、相手が人間に化けていたマジモンのバケモンだと言うことも十二分にありうるのです。

それに、マジモンのバケモンが素性を知られた場合にすることと言えば、相手を消し去ることが世の常。

逃げたとしても、常人離れしたスピードですぐに追いつかれるでしょう。


と、いうことはです。

この質問を投げかけた相手がマジの地球外生命体だった場合、どう足掻いても手遅れなのです。

ボッコボコにされた挙げ句、余計なことを言ったことで、より一段とボッコボコにされる…。

まさに泣きっ面に蜂。

藪をつついて蛇を出す。

火に油なのです。


つまり、こんな質問、するだけ無意味。

これならボコボコにされた時点で「びええ~ん!」と鼻水垂らしながら敗走するほうがマシなのです。

まとめ

お分かりのように、「てめーの血は何色だ!」に対する解答を考えるよりも、この愚かな質問自体を世の中からなくすほうが先決です。


あなたがもし酷い目にあったとしても、決して「てめーの血は何色だ!」と聞いてはいけません。

 

多分死にます。

 

 

 

おわり

*1:漫画やアニメなどで